中医学について


「中医学」は、統一体として捉えた人体のもつ本質的な機能や状態から、病理、病因、病態を、四診(望診、聞診、問診、切診)を以って、八網弁証、気血弁証、臓腑弁証、病邪弁証、外感熱病弁証などの理論的弁証により分析し、その分析に適応する薬理に導かれた治法による「弁証論治」が体系付けられています。

四診
  望診;血色、表情、動作、姿勢、話し方などの意識や精神状態の観察、および、舌診と
     いい、舌質、舌苔の状態から陰液と陽気の状態、病邪の深浅、病状の進退、疾病の
     寒熱の性質などの観察をいいます。

  聞診;聴覚・臭覚による診察で、発音の強弱、かすれ、うわごと、息切れ、咳嗽の状態や
     痰のからみ具合、しゃっくりの状態などの観察をいいます。 

  問診;家族歴、過去疾病や既往歴、現病歴、主訴、自覚症状などを把握するもので、
     望診・聞診・切診は客観的症候の把握であるのに対し、問診はお客様の主観的
     自覚症状の訴えであり、弁証のうちで最も重視されます。

  切診;お客様に触れて病状を知ることで、特に脈診が重視されます。この切診は医師
     のみに許可されていますが、日本では、西洋医学が重要視されてきた関係で、殆ど
     実施されていない状況があります。

 


たかやま健生堂薬局
〒880-0855
宮崎県宮崎市田代町70-7
TEL/FAX:0985-26-0784