健生堂コラム


腸管免疫について
 腸管は、内側は輪状ヒダがあり、輪状ヒダの表層は円柱上皮細胞で構成され、その円柱上皮細胞の上には微絨毛があり、これらを引き伸ばすとテニスのシングルコートに匹敵する表面積になり、この広大な表面積により、効率的な栄養吸収を行うことができますが、同時に細菌や病源微生物などの抗原に曝されることになります。円柱上皮細胞から構成される絨毛の表面は粘膜で覆われており、腸腺より殺菌物質(リボゾーム)を含む粘液が分泌され、細菌やウイルスが簡単に体内に侵入することを防いでいます。
 また、テニスのシングルコートに匹敵する表面積を有する腸管は、一方、細菌の増殖にとっても理想的な環境になりやすく、そこには300~500種類ともいわれ、100兆個もの細菌がお互い不足する部分を補い合う関係で共生しているとされています。
 また、私たちの体は、これらの細菌や病源微生物などの異物の体内侵入を防ぐために、体内の免疫細胞の7割が腸管に配置されているとされています。
 腸には免疫細胞が集まったパイエル板に代表される腸管関連の免疫組織があり、腸管免疫を主っています。
    腸の絨毛の間には、T細胞、B細胞、マクロファージなどの免疫細胞が集まったパ
    イエル板を覆っている濾胞上皮の一部にM細胞があり、このパイエル板は、特に回
    腸から大腸にかけて多く存在するとされています。


            
              絨毛の間に見えるパイエル板


腸管免疫応答反応
 M細胞の表面に出ているGP2 タンパク質が、大腸菌やサルモネラ菌などの細菌と結合し、
 M細胞内に取り込んで下側まで輸送します。
        ↓
 マクロファージが細菌を受け取って貪食により殺菌し、その抗原をナイーブT細胞へ表示し
 ます。
        ↓
 抗原表示を感知したナイーブT 細胞はサイトカインを放出してTh2細胞が活性化され、B細
 胞に抗体作るように指示を送ります。
        ↓
 B 細胞は文化、成熟してIgA 抗体を作ります。
抗原表示を感知したナイーブT 細胞はサイトカインの放出により、Th2細胞が活性化され、同時にB 細胞よりIgG 抗体も作られますが、このIgG は血液中で全身を守る仕組みの免疫系(全身性免疫)に働きます。
        ↓
 粘膜固有層で作られたIgA 抗体は、上皮細胞で作られるタンパクと結合して分泌型IgA となり
 、腸管粘液層に放たれ、細菌の体内侵入(感染)を防ぎます。 
ところが、サルモネラ菌はM 細胞に侵入した後に、M 細胞を破壊するとされ、また、腸管病原性大腸菌EPEC や腸管出血性大腸菌O-157、O111はM細胞を避けるように附着するといわれています。
        ↓
 また、円柱上皮細胞の間には、腸管独特のT 細胞(IEL)が存在し、その下の粘膜固有層にB 細胞などの免疫細胞が貯蔵されています。
 「円柱上皮細胞の間の腸管独特のT 細胞(IEL)の殆どはキラーT 細胞とされています。」
 また、円柱上皮細胞は、クラスⅡMHC 分子を細胞表面に持ち、T 細胞に抗原提示しているとされています。
           ホームページ「愛-madoka.com プチ健康サイト-免疫のお話し」参考

 次ページ >>