健生堂コラム



病院で行われる不妊治療
タイミング療法、② 排卵誘発剤などの薬物療法、③ 人工受精、④ 体外受精、⑤ 顕微受精があり、①、②は同時に実施されることが多いと思われます。 ① 、②にで受精しなければ、③、④、⑤と、人為的に難易度の高い治療へと進みます。
「顕微受精」は、顕微鏡的に卵子に穴を開けて、直接精子を入れ込んで受精させ、その受精卵を子宮内膜に着床させる療法を言います。

「タイミング療法」は、排卵日を予測して、性交日を指導されます。

「排卵誘発剤などの薬物療法など」 排卵誘発剤は、間脳下垂体前葉の機能障害に基づく性腺刺激ホルモン低分泌性無排卵女性の薬物療法とされ、また排卵のある不妊症女性にも性ホルモン分泌を刺戟するために投与されることもあるとされています。

「人工受精」は、採取した精液を子宮に注入して、精子と卵子が受精しやすくする治療法で受精するか、着床するかなどの妊娠成立の過程は、自然妊娠と同様であります。    
この療法は、精子が卵子に出会うための移動距離の短縮にメリットがあるとされ、女性の頸管粘液の状態が良好でない場合や、男性の精子の運動能力が弱い場合などに有効とされているもので、受精や着床の段階に問題がある場合には、有効に無関係とされています。

「体外受精」は、体内での受精が困難な場合に、体外で受精を行う治療法で、「確実な受精」、「効率の良い受精卵の獲得ができる」というメリットがあり、人工受精でも妊娠しない場合や、高齢を気にされる方などで、不妊治療の最後の砦としてこの療法に望みを託される方も多いのかも知れませんが、保険が適用されないため予算が必要で、また時間と体への負担、および精神的なストレスも伴うとされています。

体外受精こそ、無駄な予算をかけることにならないように、質の良い卵子が作れる「体の基本と卵巣の力」が必要であり、着床できる子宮内膜の厚さや質が良好でなければなりません。

もし、子宮環境に問題があり、受精卵が着床しないような場合には、着床しやすい子宮環境に整えて、出産するまでの妊娠期間中の胎児の育ちを支えることを、先ず優先して行うべきであると思います。その手段として、栄養のバランスをも含めた漢方療法が有効になり得ると考えます。   

不妊症は、定期的な性生活を送り、2年以上妊娠しない場合をいいます。不妊の最初は、口答によるタイミング療法やホルモンバランスを整える治療から始まりますが、これらの不妊治療は保険適用内で経済的負担は少ないですが、自然に妊娠しないと判明した後は、人工授精、体内受精、顕微授精は保険適用外で全額自己負担となります。現在、この保険適用外の高額治療の負担を少しでも軽減するために、厚生労働省が少子化対策のために特定不妊治療費助成事業を開始しています。この助成金は都道府県によって異なりますが、負担を減らせることが出来る故にもう一度不妊治療にチャレンジする姿勢も見られるようになってきたとされています。助成は年収の制限が設けられている場合もありますが    

一般に、人工授精の場合の助成 1~3万円の目安        
体外受精の場合の助成 一回につき 10万円の目安で一年に2回ま での助成が一般的となっているそうであります。    

また、不妊治療は医療費控除の対象となりますが、手続きの際には領収書が必要とされています。  

病院で行われる不妊治療に関係する検査について    
今後更に異なる新しい検査法も開発されて行くと思いますが、以下のような検査が報告されています。   

精子検査    
男性不妊である場合の精子の特徴     
数が少ない、運動率が低い、奇形なものが多いということが挙げられています。    
不規則な食事や生活習慣の乱れなどがあった場合も精子検査で知ることが出来 るため、改めてご自身の生活態度を見直すことが出来るとされています。 不妊の原因となる男性不妊は半数近い数字の48%であるとされています。 不妊の原因が男性であっても、女性であっても夫婦二人で向き合って行く問題となります。   

ミラークルツロック検査    
女性の粘液と男性の精液を個々に採取して行う検査で、排卵予定日近辺が頸管粘液が増加するため、基礎体温、超音波検査で排卵日の予測を行います。    
女性の粘液と男性の精液を隣り合わせにし、室温で2時間程置いた後検査をするもので、精子がどれ位頸管粘膜の中に入り、合わせて精子の運動能力も確認しますが、粘液の中へ精子が一定数認められない場合は、陰性の判断となりますが、1度のみの結果ではなく数回繰り返し陰性の場合は、体外受精へと治療へ切り替わります。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査について   
卵胞は、加齢と共に減少しますが、卵胞から分泌される卵子の数も加齢と共に減 少し、しかも、その質も低下するとされています。
AMHは、発育する過程の卵胞から分泌されるホルモンで、卵巣内に残る卵胞数 が多いほど分泌量が多く、卵胞の減少と共に減少します。
従来卵巣予備能力の評価に使用されていたFSH(卵巣刺激ホルモン)検査に比較して、AMH検査は月経周期による影響を受けないため、いつでも血液検査で測定が可能とされています。 AMH値は、卵巣内にどの位の卵の数が残っているか(卵巣予備能力)を反映するため、不妊治療選択の目安や閉経年齢の予測を知る検査とされ、妊娠を保証 する検査ではありません。
また、AMH値は、年齢と共に減少しますが、同じ年齢層に比べて卵巣予備能が多いか少ないかを判断するものでありますが、AMH値が低いから妊娠が出来ないということにはならないとされています。
AMHが低い場合は、卵巣内に残っている卵の数が少なく、自然排卵が起こりにくいだけでなく、不妊治療の排卵誘発剤に反応しにくいと言われています。
不妊治療では、AMH値が低いと、卵が残っている間に少しでも早くそれを確保して、体外受精で妊娠を目指そうとする場合に利用される検査と言えます。
AMHの検査は、卵巣機能を推定できる検査と注目され、妊娠を目指す女性には よく知られた検査でありますが、健康保険適応外なので、費用は医療施設毎で 異なりますが、6000~10,000円以上とされています。

妊娠を目指す女性にとって重要なことは、残っている卵をより大切にしなければなりません。
良質な卵子を育むには、母体である女性の体調を健全に整える、即ち、アミノ酸などの栄養のバランスを整え、特にミネラル・ビタミンの補給に努めながら、ホルモン活動の基になる腎精を養い、健全な卵巣・子宮の成長・発育とその機能が維持できるように持っていく段階に 漢方の存在があるということになります。
即ち、「受精の成功」を追求する西洋医学の捉え方ではなく、母体である女性の体調を健全に整え、良質な卵子を育むように努め、自然妊娠の可能性を高め、出産 後の健全な育児まで配慮する、即ち、「健全な母体に健全な胎児が宿り、健全な胎児の発育を育む」というのが漢方療法の捉え方であります。この捉え方は、自然妊娠を高めるためにも、病院での不妊症治療の成功を高めるためにも必要であると考えます。  

妊娠の過程で、アミノ酸などの栄養のバランス、特にミネラル・ビタミンの補給が不 足して、生体内のあらゆる代謝や活動が阻害されることになると、どのような影響が 生じるのでしょうか? * 免疫力が低下してかぜを引きやすくなります。
* 妊娠中に味の好みが変わり、急に酸っぱいものを食べたくなったりする味覚の変化や軽度の味
  覚障害は、ミネラルの一種の亜鉛欠乏状態の可能性があります。
* 生体の酵素やホルモンの働きが低下して、妊娠中に生じる体の変化に対応できなくなりますが
  、このことが「つわり」の原因の一つであるとされています。
* 出産した場合には、イライラ、不安感、恐怖感、食欲不振などが生じやすく、うつ状態や育児
  ノイローゼに罹りやすくなる傾向が現われると報告されています。そのために、赤ちゃんを気
  持ちの余裕を持って優しく可愛がることができずに、きつく接したりするために赤ちゃんも情
  緒不安となり、そのような赤ちゃんにうつ状態の脳波が観察されたという報告もあるとされて
  います。
* 鉄欠乏性貧血は、酸素を運ぶ赤血球中の血色素(ヘモグロビン)が不足した病態をいい、血色
  素(ヘモグロビン)が作られるためには、鉄などのミネラルが必要であります。

もし、妊婦さんに貧血傾向がある場合には、酸素を運ぶ赤血球中のヘモグロビン不足のために細胞は酸素不足となり、代謝による充分なエネルギー産生ができなくなり、熱量不足となります。
また、赤血球膜は、リン脂質の二重層に多くのタンパク質を含んでいますが、亜鉛などのミネラルが不足しますと、タンパク質の合成が円滑にできなくなったり、また、活性酸素の影響により、リン脂質が酸化を受けて、赤血球膜の弾性が低下し、赤血球の変形能が低下して、赤血球の毛細血管の通過に障害が生じることから、気血のめぐりが低下して四肢などの末梢が冷えるようになり、その結果、顔色が青白い、ふらつく、疲れやすい、手足が冷える、しびれ、冷え症、肩こりなどの症状が生じやすくなると同時に、胎児の発育にも影響を与えることにもなります。

授乳中の母親においては
○ 亜鉛などのミネラル・ビタミンは、乳房腺の発達を促進して、乳房中のカゼイ ン蛋白の合成
  を促進して母乳が沢山作られるように働くとされています。
○ 母乳中の亜鉛含有量は人工乳の4~10倍多く、赤ちゃんの母乳からの亜鉛の 吸収率は人工
  乳の約3倍高いと報告されています。
○ 母乳から得られる赤ちゃんの体液性免疫に関与します免疫グロブリン(IgA) などの補給は
  人工乳からは得られません。

妊婦さんの亜鉛などのミネラル不足は、赤ちゃんにどのような影響を与えるのでしょ うか?
○ 胎児の脳細胞を作る核酸・蛋白質の合成が低下して、そのために大脳皮質の海馬が充分に発育
  できずに学習・記憶力の発達に悪い影響を与えると報告されています。
○ 生まれた子供は、胸腺と脾臓が小さいことが学会で報告されています。     
  胸腺と脾臓が小さい子供は、免疫力が弱く、かぜを引きやすく、また、アレル ギー疾患に罹
  りやすいことを意味します。

女性の不妊症と低体温症(冷え症)・低血圧症・貧血・生理不順に対する漢方療法について
腎精(=腎陰)は、先天的に備わった精「先天の精」に、飲食物の運化によって得られた栄養物の最も精微なもの「後天の精」が絶えず補充されるもので、腎精は、ホルモンの分泌に関与する内分泌系全般の機能に深く関与し、成長・発育・生殖、および生命活動を維持する物質的な基礎となるもので、腎精(=腎陰)が充実していれば、腎気(=腎陽「命門の火」)により、健全な卵巣・子宮の成長・発育とその機能が維持され、また、体温を調節・維持します。故に、腎の機能が低下した状態では、低体温症(冷え症)・低血圧症・不妊症・貧血・生理不順などが誘発されることから、漢方療法では、腎精(=腎陰)を養い、腎気(=腎陽「命門の火」)を高めることを重視します。

漢方(中医学)における腎の働きについて
* 腎は精を蔵し、精は、成長・発育・生殖、および生命活動を維持する物質的な基礎となるもの
  で、ホルモンの分泌に関与する内分泌系全般の機能に深く関与し、とくに、下垂体―副腎系の
  関連が深く、また、内分泌系を通じた免疫監視能との関係も重視されています。
* 「腎は水を主る」で、体液の代謝全般に対し、腎が調節作用を行っているとされ、副腎皮質の
  コルチコステロイドや下垂体後葉ホルモンなどによって、腎尿細管での水分再吸収の過程が調
  節されることを表わします。
* 「腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通ず」で、ホルモンなどの内分泌系機能を通じて、生長・発
  育・成熟・老化にかかわり、知能・知覚・運動系などの発達と維持に大きな役割を担っていま
  す。
* 「腎は温煦を主る」で、腎精を基に生じる生命活動を腎気(腎陽)といい、腎陽を「命門の火
  」といい、腎陽で体温を調節・維持します。
* 「腎は納気を主る」で、呼吸機能、とくに吸気が腎と関連を持つとされ、多分、吸息中枢の興
  奮性に関係するのかもしれません。

子宮は、子宮の発育・月経来潮・月経調節・生殖能力・妊娠・胎児の発育・分娩・閉経のすべての過程で、性ホルモンを主とする内分泌系の調節を受けており、これらの機能は、腎の機能に属します。

このように、子宮は腎の機能に関連し、また、子宮への血液循環・栄養供給・ホルモンの運搬などはすべて血液と関連し、これは心(血を主る)肝(血を蔵す)脾(統血する)の機能に深くかかわっています。

また、血と氣とは密接な関係があり、「血を動かすには氣が必要であり、氣が動かないと血も動かない」とされ、氣滞(氣の滞り)を解消して、氣のめぐりを改善する必要がある場合もあり、血の質を高め、血を元気にして瘀血(血の滞り)を取り、血の流れを改善する必要がある場合もあります。

故に、女性の不妊症低体温症(冷え症)低血圧症生理不順貧血の漢方療法は、体質・生活環境・食生活、栄養のアンバランスを矯正する努力と共に、基礎体温をチェックしていただきながら、訴えられます症状から判断して、腎・心・肝・脾の機能全般をテェックして、精神的なストレスから生じる気滞・水滞・瘀血の存在を配慮しながら、補気・補血・補陽などの漢方療法を検討して行きます。特に、低体温症(冷え症)や高温相(黄体期)が不安定で短いなどがみられます場合は、補陽剤の選択が重要となります。

また、精神的なストレスから生じる活性酸素の細胞・組織への障害の影響が想定される場合は、活性酸素を消去する抗酸化作用のある自然医薬品・健康食品の併用も配慮する場合もあると思います。