中医方剤解説 と


方剤名をクリックしますと、その方剤の「中医方剤解説」を見る事ができます。

また、中医方剤名の右端の「中医方剤薬効分類」をクリックしますと、その方剤が所属します「中医方剤薬効分類」が表示されます。


 音順 方剤名 中医方剤薬効分類
とうかくじょうきとう
桃核承気湯(傷寒論)
理血剤
活血祛瘀剤
とうかとう
桃花湯(傷寒論)
固渋剤
渋腸固脱剤
とうきいんし
当帰飲子(済生方)
治風剤
平熄内風剤
とうきけんちゅうとう
当帰建中湯(千金翼方)
温裏剤
温中散寒剤
とうきしぎゃくとう
当帰四逆湯(傷寒論)
温裏剤
温経散寒剤
とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(傷寒論)
温裏剤
温経散寒剤
とうきしゃくやくさん
当帰芍薬散(金匱要略)
和解剤
調和肝脾剤
とうきしゃくやくかぶしとう
当帰芍薬加附子湯(日本経験方)
(当帰芍薬散加附子)
和解剤
調和肝脾剤
とうきしょうきょうようにくとう
当帰生姜羊肉湯(金匱要略)
補益剤
補血剤
とうきとう
当帰湯(千金方)
温裏剤
温中散寒剤
どうきとう
導気湯(沈氏尊生書)
理気剤
行気剤
とうきねんつうとう
当帰拈痛湯(蘭室秘蔵)
祛湿剤
祛風勝湿剤
とうきほけつとう
当帰補血湯(内外傷弁惑論)
補益剤
補血剤
とうきりくおうとう
当帰六黄湯(蘭室秘蔵) その1
清熱剤
清虚熱剤
            その2 固渋剤
固表止汗剤
とうきりゅうかいがん
当帰竜薈丸(丹溪心法)
清熱剤
清臓腑熱剤
とうこうしもつとう
桃紅四物湯(医宗金鑑)
補益剤
補血剤
どうせきさん
導赤散(小児薬証直訣)
清熱剤
清臓腑熱剤
どうせきせいしんとう
導赤清心湯(通俗傷寒論)
清熱剤
清臓腑熱剤
どうたんとう
導痰湯(済生方)
祛痰剤
治風化痰剤
とうにんじょうきとう
桃仁承気湯(温病条弁) その1
清熱剤
清営凉血剤
            その2 理血剤
活血祛瘀剤
とうのうさん
透膿散(外科正宗) その1
癰瘍剤
外瘍剤(陽証)
          その2
ときがん
都気丸(医宗己任編)
補益剤
補陰剤
どくじんとう
独参湯(傷寒大全)
温裏剤
回陽救逆剤
とししがん
菟絲子丸(済生方)
補益剤
補陽剤
どっかつきせいとう
独活奇生湯(備急千金要方)
祛湿剤
祛風勝湿剤

 


たかやま健生堂薬局
〒880-0855
宮崎県宮崎市田代町70-7
TEL 0985-26-0784