中医方剤解説 せ


方剤名をクリックしますと、その方剤の「中医方剤解説」を見る事ができます。

また、中医方剤名の右端の「中医方剤薬効分類」をクリックしますと、その方剤が所属します「中医方剤薬効分類」が表示されます。


 音順 方剤名 中医方剤薬効分類
さいいさん
清胃散(蘭室秘蔵)
清熱剤
清臓腑熱剤
せいいとう
清胰湯(天津南開医院)
和解剤
和解少陽剤
せいうんはいどくいん
清瘟敗毒飲(疫疹一得)
清熱剤
気血両清剤
せいえいとう
清営湯(温病条弁)
清熱剤
清営凉血剤
せいががん
清娥丸(和剤局方)
補益剤
補陽剤
せいかとう
生化湯(傅青主女科)
理血剤
活血祛痰剤
せいきけたんがん
清気化痰丸(医方考)
祛痰剤
清熱化痰剤
せいきゅうとう
清宮湯(温病条弁)
清熱剤
清営凉血剤
せいきんけたんとう
清金化痰湯(統旨方)
祛痰剤
清熱化痰剤
せいけいとう
清経湯(傅青主女科)
補益剤
補陰剤
せいこうべっこうとう
清蒿鼈甲湯(温病条弁)
清熱剤
清虚熱剤
せいこつさん
清骨散(証治準縄)
清熱剤
清虚熱剤
せいしょうがん
醒消丸(外科全生集)
癰瘍剤
外瘍剤(陽証)
せいじょうけんつうとう
清上蠲痛湯(寿世保元)
治風剤
疏散外風剤
せいじょうぼうふうとう
清上防風湯(万病回春)
清熱剤
清熱解毒剤
せいしょえっきとう
清暑益気湯(温熱経緯) その1
祛暑剤
清暑益気剤
     (脾胃論)  その2
     (医学六要) その3
せいしんれんしいん
清心蓮子飲(和剤局方)
清熱剤
清臓腑熱剤
せいそうきゅうはいとう
清燥救肺湯(医門法律)
治燥剤
軽宣潤燥剤
せいたいとう
清帯湯(医学喪中参西録)
固渋剤
固崩止帯剤
せいはいとう
清肺湯(万病回春)
祛痰剤
清熱化痰剤
せいひいん
清脾飲(済生方)
和解剤
和解少陽剤
せいゆとう
聖癒湯(医宗金艦)
補益剤
補血剤
せいらくいん
清絡飲(温病条弁)
祛暑剤
祛暑清熱剤
せいらくいんかきょうにんいにんかっせきとう
清絡飲加杏仁苡仁滑石湯(温病条弁)
祛暑剤
祛暑清熱剤
せきいさん
石葦散(普済方)
祛湿剤
清熱祛湿剤
せっけつめいさん
石決明散(眼科六経法要)
清熱剤
清臓腑熱剤
せっこうとう
石膏湯(外台秘要)
表裏双解剤
解表清裏剤
せっこつやこうがん
石斛夜光丸(原機啓微)
補益剤
補陰剤
せっしょういん
折衝飲(産論)
理血剤
活血祛瘀剤
せんきゅうちゃちょうさん
川芎茶調散(和剤局方)
治風剤
疏散外風剤
せんせいどうだくとう
宣清導濁湯(温病条弁)
祛湿剤
清熱祛湿剤
せんそがん
蟾酥丸(外科正宗)
癰瘍剤
外瘍剤(陽証)
せんどくはっぴょうとう
宣毒発表湯(痘疹仁端録)
解表剤
辛凉解表剤
せんぱくじょうきとう
宣白承気湯(温病条弁)
瀉下剤
寒下剤
せんぴとう
宣痺湯(温病条弁)
祛湿剤
清熱祛湿剤
せんぷくかたいしゃせきとう
施覆花代赭石湯(傷寒論)
理気剤
降気剤
せんぽうかつめいいん
仙方活命飲(外科発揮)
癰瘍剤
外瘍剤(陽証)

 


たかやま健生堂薬局
〒880-0855
宮崎県宮崎市田代町70-7
TEL 0985-26-0784