中医方剤解説 さ


方剤名をクリックしますと、その方剤の「中医方剤解説」を見る事ができます。

また、中医方剤名の右端の「中医方剤薬効分類」をクリックしますと、その方剤が所属します「中医方剤薬効分類」が表示されます。


 音順 方剤名 中医方剤薬効分類
さいおうがん
犀黄丸(外科全生集)
癰瘍剤
外瘍剤(陽証)
さいかくじおうとう
犀角地黄湯(温病条弁)
清熱剤
清営凉血剤
さいかつげきとう
柴葛解肌湯(傷寒六書)その1
解表剤
辛凉解表剤
     (医学心悟)その2
さいかんとう
柴陥湯(日本経験方)
(小柴胡湯合小陥胸湯)
和解剤
和解少陽剤
さいかんとうかききょうせっこう
柴陥湯加桔梗石膏
(小柴胡湯合小陥胸湯加桔梗石膏)
和解剤
和解少陽剤
さいかんとうごうまきょうかんせきとう
柴陥湯合麻杏甘石湯
(小柴胡湯合小陥胸湯合麻杏甘石湯)
和解剤
和解少陽剤
さいぎゃくしっぽういん
截瘧七宝飲(楊氏家蔵方)
和解剤
治瘧剤
さいこかぼうしょうとう
柴胡加芒硝湯(傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこかりゅうこつぼれいとう
柴胡加龍骨牡蠣湯(傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこかんきょうとう
柴胡陥胸湯(通俗傷寒論)
祛痰剤
清熱化痰剤
さいこききつとう
柴胡枳桔湯(通俗傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこけいしとう
柴胡桂枝湯(傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこけいしかんきょうとう
柴胡桂枝乾姜湯(傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこせいかんとう
柴胡清肝湯(一貫堂)
清熱剤
清熱解毒剤
さいこそかんさん
柴胡疏肝散(景岳全書)
和解剤
調和肝脾剤
さいこたつげんいん
柴胡達原飲(通俗傷寒論)
和解剤
和解少陽剤
さいこびゃっことう
柴胡白虎湯
清熱剤
清気分熱剤
さいしゃくりっくんしとう
柴芍六君子湯(和剤局方)
補益剤
補気剤
さいせいきっぴちくじょとう
済生橘皮竹茹湯(済生方)
理気剤
降気剤
さいせんせん
済川煎(景岳全書)
瀉下剤
潤下剤
さいぞうさん
再造散(傷寒六書)
解表剤
扶正解表剤
さいぢせいらくいん
犀地清絡飲(通俗傷寒論)
清熱剤
清営凉血剤
さいへいとう
柴平湯(日本経験方) その1
(小柴胡湯合平胃散)
和解剤
和解少陽剤
   (内経捨遺方論)その2 祛湿剤
芳香化湿剤
さいへいとうごうごれいさん
柴平湯合五苓散
(小柴胡湯合平胃散合五苓散)
和解剤
和解少陽剤
さいぼくとう
柴朴湯(日本経験方)
(小柴胡湯合半夏厚朴湯)
和解剤
和解少陽剤
さいぼくとうごうけいしぶくりょうがん
柴朴湯合桂枝茯苓丸
(小柴胡湯合半夏厚朴湯合桂枝茯苓丸)
和解剤
和解少陽剤
さいれいとう
柴苓湯(世医得効方)
(小柴胡湯合五苓散)
和解剤
和解少陽剤
さいれいびゃっことう
犀羚白虎湯
清熱剤
清気分熱剤
さきいん
左帰飲(景岳全書)
補益剤
補陰剤
さきがん
左帰丸(景岳全書)
補益剤
補陰剤
さきくりっくんしとう
楂麹六君子湯(医卓)
補益剤
補気剤
さきんがん
左金丸(丹溪心法)
清熱剤
清臓腑熱剤
さくせきがん
鑿石丸(湖南中医学院附二院)
祛湿剤
清熱祛湿剤
さんいくたん
贊育丹(景岳全書)
補益剤
補陽剤
さんおうしゃしんとう
三黄瀉心湯(金匱要略)
清熱剤
清臓腑熱剤
さんかけつよたん
贊化血余丹(景岳全書)
補益剤
補陽剤
さんかげんしょうきさん
三加減正気散(温病条弁)
祛湿剤
芳香化湿剤
さんこうふくみゃくとう
三甲復脈湯(温病条弁) その1
補益剤
補陰剤
     (温病条弁) その2 治風剤
平熄内風剤
さんしとう
蚕矢湯(霍乱論)
祛湿剤
清熱祛湿剤
さんしようしんとう
三子養親湯(韓氏医通)
祛痰剤
燥湿化痰剤
さんせいさん
三聖散(儒門事親)
涌吐剤
さんそうにんとう
酸棗仁湯(金匱要略)
安神剤
滋養安神剤
さんにんとう
三仁湯(温病条弁)
祛湿剤
清熱祛湿剤
さんぴとう
三痺湯(婦人良方)
祛湿剤
祛風勝湿剤
さんみょうがん
三妙方(医学正伝)
祛湿剤
清熱祛湿剤
さんもつおうごんとう
三物黄芩湯(金匱要略)
祛湿剤
清熱祛湿剤
さんもつびきゅうがん
三物備急丸(金匱要略)
瀉下剤
温下剤
さんようとう
三拗湯(和剤局方)
解表剤
辛温解表剤

 


たかやま健生堂薬局
〒880-0855
宮崎県宮崎市田代町70-7
TEL 0985-26-0784